こんにちは。

今日はフランスの老舗ビストロ、ブノワ(BENOIT)青山店のランチを紹介します。

パリのビストロを再現した店内は床からテーブルまで全てフランスから持ち込まれていて本当にフランスの邸宅を訪れたよう。

アラン・デュカスのフレンチ・ビストロで、ミシュランの星も獲得しています。本格的なのに気張らない感じが好きで、よく訪れるお気に入りのフレンチの一つです。

場所は青山学院大学向かいの、ラ・ポルト青山10Fにあります。

エレベーターを降りてすぐブノワの入口があり、スタッフに名前を告げて店内の階段から上の階へ案内されます。

鏡張りの階段を上がると変わった形のエッフェル塔の模型が迎えてくれます。

このエッフェル塔、実は本物のエッフェル塔と少し違うんです。気づきましたか?前回の訪問時に友人が「エッフェル塔のようだけど何か違うなぁ。」とまじまじと見ていると、スタッフの方が「エッフェル塔のコンペティション案の一つで採用されなかった幻のエッフェル塔です。」と教えてくれました。

こういう遊び心のあるところも魅力の一つですよね。パリのエッフェル塔にはブノワ本店が入っているらしいです。

エッフェル塔の中にレストランがあることにも驚き!

ブノワのランチはプリフィクスメニューで3つのコースから選べます。

今回は真ん中のコース、前菜2品のコースにしました🍴

アミューズに出てきたのはグジェール(チーズ風味のプチシュー)。

チーズの香りが食欲を掻き立てます。

 

食前酒は車ということもあり今回はノンアルコール🍸

私はオレンジ、クランベリーなどが入ったノンアルコールカクテル”ブノワソレイユ”、友人は桃とグレープフルーツのノンアルコールカクテル”ペッシュ・ド・ヴィーニュ”です。

 

前菜1品目は、二人ともグリーンピースのスープ リコッタチーズをチョイス。

スタッフの方が目の前でスープを注ぐブノワの定番スタイル。グリンピースの味をここまで感じたのは初めてなくらい、しっかりと素材の味が生きたとても美味しいスープです。

 

前菜2品目はタスマニア産サーモンのマリネとジャガイモ グリビッシュソース。少し酸味のあるマヨネーズ風のソースがサーモンに相性ぴったりです。

 

友人は三浦産野菜のクックポット。

野菜重視のブノワらしい彩り豊かな春らしい一皿。

 

メインは平目のポワレ 緑と白のアスパラガス 黒トリュフソース。

平目とアスパラだけでとてもシンプルですがこのトリュフソースが美味しかった😊

 

友人のメインは帆立貝のソテー 季節野菜のグラッセ。

こちらお野菜も三浦産!なんだか野菜づくしになってしまったけど、ホタテと一緒に頂くのでクックポットとはまた違った味わい。

 

デザートはババ アルマニャックとバニラ風味の生クリームをチョイス。

サバランのような感じですが、ラム酒ではなく、アルマニャックをかけて頂きます。

スタッフの方がお皿の上でスポンジ生地のババを切って見せてくれます。それにお好みでアルマニャックと生クリームを添えて頂きますが、なかなかボリュームがあってお腹いっぱいになってしまいました😅

 

友人は苺のメルバをチョイス。苺のシロップ漬けが添えられていて上からかけて頂きます。

自分で乗せたわりに綺麗にできて、自画自賛の友人。苺が乗っただけでさっきとは別物に見える(笑)たっぷりの苺に、苺が大好きな友人はとても喜んでいました。

写真を取り忘れましたが、今日は階段上がって左手の天井にフレスコ画が書かれた空間で頂きました。席によって見える景色も雰囲気も違うので、何度行っても新鮮な気分になります。

高層階で、見晴らしもいい場所なのでディナーはきっと夜景が綺麗でしょうね✨

今度は是非ディナーで訪れてみようと思います。

 

帰りに1Fにあるピエール・エルメ・パリの日本旗艦店である青山店で、お土産にクッキーを買って帰ることに。

色とりどりのマカロンにテンションが上がります♬ほかにもパンやケーキ、焼き菓子、ワインなんかも置いてありました。

店内にはコーヒーとともにいただけるカウンター席もあります。

今日は美味しい食事に幸せな気分でいっぱい。また明日からお仕事がんばろー。次はどこに行こうかなぁ🍴

お会計:2名計17,400円(ドリンク込)

 

 

ちょっと気になってる、青山にも店舗を構える女性専用のジム。

ウエスト-10cmを叶える、女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】